日本人でも体臭が強い人が増えてきている?

汗が擦れるとにおいが強まるように脇部分は腕を動かす度にこすれるので、その他の場所の汗より脇汗は臭いが強くなります。
かつては男性用の制汗剤はなく、女性が使うもので間に合わせていましたが、今は普通に薬屋さんでも男性用デオドラントが売られているため、お洒落にさほど興味がない男性でもすぐに買う事が出来ます。

日本の人などの体のにおいはそれほど強くないと言われ続けてきましたが、動物性食品の過剰摂取などから「体臭」が臭い人も増加しはじめています。
欧米人は身体の臭いを気に掛けていないなどと耳にしますが、実際に外国の薬局に行ってみると日本以上に沢山の制汗剤などが揃っています。

最近は外国人でも体のニオイに気を付ける人が増えだしていて、「体臭ケア=香水」の考えを改め、食事を野菜中心に変え、日本の食文化と欧米の食文化が転換する事態になっています。

脇のニオイを気にする方は大勢いますが、汗を掻いても摩擦が少なければ脇のニオイを防ぐことができます。
脇部分がへこんでいると、空気が通りやすくなるため、それゆえ肉が付いて通気性が悪くなると脇臭が発生しやすくなります。

という事で、「体臭」が不安だという人は、減量する事も効果的です。

不意に何だかワキの下がにおってきて…

急に友達のお宅に訪問したときのことなのですが、既に寒い季節に入っていたので制汗剤を塗らないで、というか付け忘れて出かけてしまっていました。
そして友人と話に花を咲かせていると、不意に何だかワキの下がにおってきたので、困ったなぁと困惑してしまいました。

この状況では友人に不快な思いをさせるかもしれないと不安になり、慌ててお手洗いに行き、下着のつもりで着ていたTシャツを脱ぎました。
それから次に、防臭制汗剤は持っていなかったのですが、携帯用ウェットティッシュをバッグに入れてあったので、それを利用してワキをきれいに拭いてそのまま服を着ました。

インナー代わりに着ていたTシャツのみを脱いだのでかばんに入れておきましたが、それだけの事でも全然におわなくなったので気持ちが落ち着きました。
本当に突然臭ってきたので天気に関わらず日々最低でもワキの下だけはニオイ対策は卒なくしておかなければならないと感じました。

この時はいつになくバッグの中に除菌ウエットティシュが入っていたのでどうにかなりましたが、もし入っていなかったら段々とにおいが出てきてしまって、友達に不快な思いをさせてしまっていたかもしれないので、バッグに入れて今度から体臭防臭グッズを持ち歩こうと思いました。