一年を通して汗とニオイの対処は必要不可欠

私はワキの所に汗をかきやすいので、年中、汗臭対策をしています。

汗をかいたのが分かってしまう色のシャツを着ると、見えてしまいます。

会社の同僚からわき汗をツッコまれて、恥ずかしい気持ちになりました。

けれども、自分で汗をかかないようにはできないので、開き直っていたのです。

でも、よくよく考えてみると、自分の汗はしょうがないと思うけどすぐそこにいる人のワキ汗が分かってしまうのは嫌悪感があると思ったのです。

ハッキリ言って、あんまり他人の汗をみたいと思いません。

運動の後などで爽快な汗でも、極力でないような服の方がうれしいです。

そのうえ汗のみならず、ニオイがあったらとても嫌です。

私としては臭わないように心遣いはしていますが、他人の体臭は特に気になってしまいます。

その為、臭わないように夏の季節はお酒は飲みません。

アルコールはニオイの元となりやすく、それに自分が気が付いたからなのです。

冬でも体を冷やさないようににんにくを口にすると、暖房が効いた所ではそれが汗の臭いとなって出てしまいます。

なので、一年を通して、汗とニオイの対処は必要不可欠なのです。

 

旦那が臭うのはお風呂が原因?

旦那さんは付き合っていたころは「彼って腋臭なのかな?」と感じたことがありました。

そうはいってもワキガとはどういうものなのかという明確なものが分からなかったのですが、汗くさいとか酸っぱい臭いなどとは異なるニオイというのは聞いていたのです。

旦那さんの臭いを物で表現しようと思うと例えにくいのですが、苦いように思います。

フルーツの中にそんな感じの臭いの物があったような記憶があるのですが、ビワかイチジクのような気がします。

夏になると臭いますが、これだけは当人には言えませんでした。

ですが、まれに「ニオイを嗅いでくれないかな」なんてワキを出してきたのですが、苦い感じの臭いがしたのですけど「ニオイなんてないよ」と嘘をつきました。

そして主人と結婚し早15年ですが、臭いはしなくなりました。

旦那は男三人兄弟なのですけど、正月休みや盆休みには帰省して泊まるのです。

その時、お風呂から上がったばかりの義兄がいましたが、やっぱりニオイがありました。

建物自体が古いのでシャワーもないですし、義兄たちは昼夜問わずお風呂につかる為同じ水を何回も沸かしているのだってお父さんが話していたので「もしかして旦那がクサいのはこれが原因なのかな?」と思いました。

私は旦那さんにクサい臭いがする事は言った事は無いのですけど、誰かから言われたりしたのか自身で気付いたのか匂いを気にしているのかデオドラントローションなどを多めにワキの部分に塗ります。

それから共に暮らすようになってから一度も実家のお風呂に入りません。

わたしみたいに原因が分かったのだと思います。

臭いの原因は実家のお風呂ではないかと…。

私の夏場の体臭対策について

私は30代の主婦ですが、子供の頃から自分の体臭が気になっています。

遺伝的な要素もあり、私はわきが体質。

おまけに汗っかきをいうこともあって、これからの暑い季節は特に自分の臭いにかなりナーバスになってしまいます。

私が日頃から実践している体臭予防方法は大きく分けて3つ。

一つ目は制汗剤のこまめな使用、二つ目はわきが専用クリームを一日一回丁寧に塗る習慣、三つ目は服装の工夫です。

一つ目、二つ目は市販の商品を使う至って簡単な方法ですが、三つ目の服装の工夫に関しては試行錯誤しながら自分なりに分析し実践している方法。

夏場は汗を吸い取りやすい素材のシャツを一枚下着として着用。

これが一番大切で防臭効果と吸水効果の高いものを選ぶことによってその上に着ている服への臭い移りが大分防げます。

上に着る服に関しては肌への接触の少ないゆったりとしたデザイン、綿などの汗の臭い移りの少ないもので、グレー系の色は汗じみができやすいので避けるようにしています。

簡単なことですが、意識を変えるだけで大分臭いが気にならなくなりますよ。

 

体脂肪が多い為、体臭が気になるここ数年

今朝も通勤時にマイクロバスで一緒になった60代女性の方のニオイが大変辛く、衣服のカビ臭+体臭が混じったような感じでした。

ご自分で気づいてらっしゃるかどうかはわかりませんが、今の梅雨時期から悩んで辛い思いをしてる方も多いと思います。

実際私も自分の体臭、加齢臭、ずっと悩んでいます。

他の人と比較して新陳代謝が活発な為か汗をかく量が半端なくひどく、365日汗ふきシートは必ず持参していなければなりません。

今の季節6月は外出時に着換え用の上半身の衣服は持参しておりますし、特にワキ、左右の肩甲骨の間、首から前身頃全般の汗が噴き出すように凄いです。

特に太っているわけでもありませんがここ数年コレステロールの数値が上がってきている為、汗からも脂肪のニオイがでているかもしれないという不安はすごくあります。

実際、脂肪のニオイがどうかわかりませんが、自分でニオイは十分わかり辛いです。

普段は夜に入浴し、夜は真冬でもTシャツで寝ていますが、今の季節は汗起きると上半身凄い汗の為、朝は必ずシャワーをしなければいけない状態です。

毎回これだけ汗をかきますが痩せることはありません。

また、これだけ汗をかく原因の一つとしても日頃から水を飲む量はかなり多く、1日2~3リットルは摂取しているからかもしれません。

納豆のような足臭を持つうちの三男

うちの三男は、足が臭い。

何はともあれ、家に帰ってきた途端、部屋に充満してくる「納豆」っぽいニオイ。

決して納豆は嫌いではない。

でも、あの「納豆」のような足臭は、最悪だと思います。

浴室に直行すればいいものを、やつは、ニヤニヤしながら、故意的にソファーやマットに足裏を乗せたりして、ニオイ移りさせようとするんです。

まるで、マーキングする動物のようだ。

足の汚れを落としても、足のニオイは、頑固です。

消臭剤を絨毯などにスプレーする際に、臭い足にもふりかけてやる。
(やっちゃいけないかも?)

靴にも効く脱臭剤を息子の靴の中にもふりかけます。

ともかく、臭そうな所は全てふりかけています。

そこまで頑張っても、ほのかに漂ってきます。

断念してソファーに向うと、彼が、靴下を脱いだ足をあたしに嗅がせにくる。

「どうよ?」臭うどころじゃない!むせかえる私。

「まずお風呂に入りなさい」と浴室に引っ張って行く。

毎日の日課。

息子のソックスは、まるで糊付けしたみたいに、靴につく箇所が、カピカピになっています。

洗浄しても直らない。

足のニオイは、「雑菌」のニオイってことですが、これがどうして、納豆臭と似ているのか分かりません。

バスタイムに、ボディーシャンプーでキレイにして、これで何とか足臭地獄から抜け出せます。

あの足のにおいは、本当にキツいです。

 

「体からクサいニオイがするよ」

学生時代に臭いについて非常にキズついた事がありました。

学校で球技大会が行われクラス対抗でバレーボールを行ったのですけど男女混合チームで試合をしました。

試合が終わった後グループのみんなで休んでいるとA子さんがあたしに向かって「体からクサいニオイがするよ」なんて言ったのです。

B子ちゃんも「結構匂ってるよ」と男性陣のいる前で言われすごく胸が痛かったです。

1度だけではなく同じことが何度もあったのです。

でも、言われるのは毎回違う子に言われるのです。

ワキガとか言われる事なく同じように「体臭」といいます。

ワキガじゃない体臭というのはどのようにしてケアすればいいのだろうと頭を抱えていましたがケア方法が思いつかず、指摘された時から学校に行く前に入浴して予防するために、わきの部分にリフレアを塗りさらに香水をつけて隠したのです。

いまだに継続してやっています。

就職してからは今のところ言われるような事はありませんが、そのうち言われるんじゃないかと思ったら他人に近づけなくなりました。

シャンプーの仕方を直せば頭皮の臭さがなくなるかも?

工場に勤めていて、帽子着用が義務づけられているので、お昼休み等でぬぐと汗臭がキツすぎるとみな口々に言っています。

そんな更衣室で自分の嫌いな臭いだったのが脂みたいなにおいがする方でした。

はずした瞬間から油焼けしたみたいな頭皮臭がモワッとしてきて気持ち悪くなってしまいました。

地肌までしっかりと洗えていないのか汗まみれになってプーンと臭ってしまっているのかなと思います。

更衣室の中にはシャワー室が併設されていていつでも使用が可能なので、汗臭がするなと思ったらタイミングを見計らってシャワーを浴びたらいいのになと私は思います。

そんな頭の油臭さの原因はシャンプーのやり方や過度な洗髪で臭いが出てくることがあります。

自分自身もシャンプーのやり過ぎで臭くなったことが1度だけあります。

それからは気に掛かって情報収集していたところ「洗髪に力を入れすぎると反ってニオイがしやすくなる」と雑誌で読んでからは、シャンプーの仕方を直せばこの臭さがなくなると身をもって知りました。

 

人に「体臭」のことを注意する事はほぼない

仕事ではオフィスにいることはあまりないので、夏は無論のこと寒い時期でもやっぱり発汗するので自分の体の匂いがそばにいる人に不快感を与えていないか心配になります。

それこそ人と車に乗ることも多いので、その閉ざされた空間で「体臭」が出ていたら嫌だなと気になってしまいそのプレッシャーで余計に汗をかくという負の連鎖・・・。

ですから、デオドラントスプレーを使用して私なりに体臭ケアはやっていますが、自分の体の匂いはなかなか感じにくいので不安になってしまいます。

ニオイがあるときには言ってもらえたら自覚出来ていいのですが、人に「体臭」のことを注意する事はほぼないと思うので、自分でなんとかするしか方法はありません。

自分自身の身体のニオイが分かる嗅覚があればいいのですが…。

最近はシャワーを浴びる、汗が流れてきたら放っておかずにタオルを使うなど当然なことではありますが、清潔にしておくようにしています。

周囲に自分の体臭で嫌な思いをさせないようにするのは何よりも重要なことだと考えています。

 

ケアしているのに…臭ってしまう頭皮

油性肌なせいか、自分の体臭が気になります。

特に頭皮に皮脂が浮きやすく、蒸れたようなニオイがしてしまうことがよくあるので悩んでいます。

もちろん毎日シャンプーをして、それなりにヘアケアや頭皮マッサージなど気を使っているつもりなのですが、なぜかふとした瞬間にムッとしたニオイが立ち上ってくるのです。

髪の長さもショートヘアで、スタイリング剤も使わないので、そういったものが残留しているわけでもないのに、妙にしつこく頭皮が臭ってしまうのです。

また、頭皮から漂う体臭を気にしすぎると、なんだか余計にニオイがきつくなってくるように感じます。

しかしエレベーターなどの閉鎖空間で人との距離が近いと、どうしても気になってしまいます。

身長も低いので、ちょうど人の顔に近い位置に頭が来てしまうので心苦しく、でも毎日ちゃんと洗っているんですよ、という複雑な心境に。

以前は香水を髪に付けて香りでごまかしていましたが、体臭に甘い香りは最悪の相性だと聞いてやめました。

日本人でも体臭が強い人が増えてきている?

汗が擦れるとにおいが強まるように脇部分は腕を動かす度にこすれるので、その他の場所の汗より脇汗は臭いが強くなります。

かつては男性用の制汗剤はなく、女性が使うもので間に合わせていましたが、今は普通に薬屋さんでも男性用デオドラントが売られているため、お洒落にさほど興味がない男性でもすぐに買う事が出来ます。

日本の人などの体のにおいはそれほど強くないと言われ続けてきましたが、動物性食品の過剰摂取などから「体臭」が臭い人も増加しはじめています。

欧米人は身体の臭いを気に掛けていないなどと耳にしますが、実際に外国の薬局に行ってみると日本以上に沢山の制汗剤などが揃っています。

最近は外国人でも体のニオイに気を付ける人が増えだしていて、「体臭ケア=香水」の考えを改め、食事を野菜中心に変え、日本の食文化と欧米の食文化が転換する事態になっています。

脇のニオイを気にする方は大勢いますが、汗を掻いても摩擦が少なければ脇のニオイを防ぐことができます。

脇部分がへこんでいると、空気が通りやすくなるため、それゆえ肉が付いて通気性が悪くなると脇臭が発生しやすくなります。

という事で、「体臭」が不安だという人は、減量する事も効果的です。

 

不意に何だかワキの下がにおってきて…

急に友達のお宅に訪問したときのことなのですが、既に寒い季節に入っていたので制汗剤を塗らないで、というか付け忘れて出かけてしまっていました。

そして友人と話に花を咲かせていると、不意に何だかワキの下がにおってきたので、困ったなぁと困惑してしまいました。

この状況では友人に不快な思いをさせるかもしれないと不安になり、慌ててお手洗いに行き、下着のつもりで着ていたTシャツを脱ぎました。

それから次に、防臭制汗剤は持っていなかったのですが、携帯用ウェットティッシュをバッグに入れてあったので、それを利用してワキをきれいに拭いてそのまま服を着ました。

インナー代わりに着ていたTシャツのみを脱いだのでかばんに入れておきましたが、それだけの事でも全然におわなくなったので気持ちが落ち着きました。

本当に突然臭ってきたので天気に関わらず日々最低でもワキの下だけはニオイ対策は卒なくしておかなければならないと感じました。

この時はいつになくバッグの中に除菌ウエットティシュが入っていたのでどうにかなりましたが、もし入っていなかったら段々とにおいが出てきてしまって、友達に不快な思いをさせてしまっていたかもしれないので、バッグに入れて今度から体臭防臭グッズを持ち歩こうと思いました。

自宅に戻る頃には体臭を感じてしまう

いつもお風呂に入っても、会社へ行くのに外出する事で、自宅に戻る頃に体臭を感じたりします。

ニオイのある部分は鼻から下の顔の一部なのですけど、体臭がものすごく気になるのです。

顔汗をかくと、皮脂酸化したニオイがします。

お風呂場で感じる皮脂の酸化臭が鼻を衝くので、たいへん不快感を抱くのです。

あたしは汗はそんなにかかないので、そんなニオイは出てこないだろうと思っていたのに、臭う事があります。

加齢によるニオイとは認めたくないのですけど、こんな感じの匂いは年が上がることも関わっているみたいです。

またその匂いとは別で、お風呂に入った時にカラダを洗う時に匂う、頭皮から出る臭いが嫌です。

毎日入浴時に豚毛ブラシでのマッサージも、最近はしているのです。

でも丸1日過ごし、その後入浴をする際に前日同様臭っているため、物凄くイヤだと思うのです。

このニオイも年を取ったこととかかわりがありそうなんですが、可能な限り匂ってしまわないように頑張ります。

わたし自身は香水などといった香りをつけない人なのですけど、ここ最近はミスト状美容液のフローラルをつけたりします。

 

電車で強烈な体臭の人に出会うことも

いつも、電車で会社に行っていますが、夏場は物凄い強烈な体臭の人にたびたび出会います。

だいたい、男の方なので男の人特有のニオイなのだと思うのです。

汗のニオイと脂のようなニオイをブレンドしたような、例えようのないにおい。

ちゃんと乾いていない洗濯物の臭いに近い気がします。

電車でそんな体臭の人がそばにいたら、それだけで気持ちが悪くなります。

目の前を歩く男性から臭う事もあって、結構きついです。

間違いなく、当の本人は気が付いていないのだと思います。

自分にニオイがあるという事に気づいていないので、気遣わないのだと思うのです。

これが冬になるとあんまり気にならないため、気温が高い時だけのことだと思います。

汗臭い臭いって食事の内容によって違ってきますし、お酒とかタバコによっても違うという事ですから、できれば周りにいる人が指摘をしてくれればいいななんて思いました。

家族なら気付かないはずはないので、家族間で注意してあげる方がいいと思います。

胃の調子が良くないときに気になる口臭

あたしは、胃の調子が良くないときに、口臭を気にしています。

自覚しているくらいなので、まわりの人達にそういうふうに思われてしまうのは気になるものです。

調子がいい時は、特に口臭などに気を使わないのです。

健康である事で、口臭もしていないと考えています。

口臭があることで、息がにおうなんて周りの人に迷惑がられるのって嫌ですよね。

私は昔煙草を吸っていない人に、身体や衣類についたニオイで煙たがられた事があったのです。

服についたニオイや口の臭いをなくすスプレーを、その時は使用していなかったのです。

そんなふうに他人の口の臭いを不快に感じて、遠ざかった事があるのです。

凄く失礼なことをしてしまいました。

臭かったけど耐えていたこともあるのですが、後ろへ引き下がった経験をした事もあるのです。

口のニオイに気を使わないためにも、歯磨きの大切さはあると思っています。

私は歯と歯の間や歯茎マッサージもいつも丁寧にしています。

人に会う際にも口臭がしないようにする事って大切です。

歯槽膿漏や歯肉炎の人と接する際に、やっぱり口の匂いが気になりイメージダウンになってしまいます。

いつまでも若いつもりでいるけど、いつの間にやら四十路も既に半ばを過ぎていた…。

常に顔を見合わせているはずなのに、知らないうちにもうこんな年になっていた。

朝起きる時には、あまり感じたことがない臭いで起床する。

このニオイは何?男の人なんていないのに・・・。

なのに今は亡き父親の臭い。

満員電車にありがちなニオイ。

それがこんな間近に感じるなんて…。

差し詰め臭っている元を探してみた。

認めたくないのだけれど、自分の枕カバーからニオイが出ている気がする。

泣けてくる。

あろうことか父のニオイまで遺伝してしまうなんて…。

母親の遺伝子を継ぎたかった…。

私は女だが完ぺきに父親の生き写しな私。

今ではいい年になり、女性ホルモン減少が原因なのか髭が濃くなってきた。

風呂に入ったときに念入りに洗ったとしても匂いが残るので、香水でを使ってみようとしたが、あるショップで大変なことが起こった。

香水がこぼれてしまった為に、そのあたりにいたお客さんがたまらずに「なんかこの店臭いよ?」と大きな声で叫び、近くにいた私のせいだとわかると、静かになった。

あたしは学校の参観日に化粧の臭いが凄すぎて気分が悪くなったのをふと思いだし、それ以来香水などで間に合わせるのはやめにしようと心に決めました。

自身では感じられない、自分自身のにおい。

スメルハラスメントというそうだ。

どうすれば解消できるのか、模索中だ。

個人的に気になるのが足の臭いという話題

人間は色々な臭いを持っているので気にするのが普通です。

自分も足の臭いが酷くて落ち込んだこともあります。

しかし、最近では足を綺麗にして臭いを抑えようとしています。

気になるのは臭いが強い時だと思っています。

足の臭いは顔から離れているのであまりそうは感じないです。

しかし、私は直接の足の臭いをチェックするようにしています。

それはもしものために入念に臭いを知りたいからです。

実際に足の臭いを知ったら酷かったので対応することにしました。

最初は入念に洗うということで対策にはなりました。

後は靴下と靴を綺麗にしておいて安心できました。

こういった身近な対策は足の臭いには効果的です。

私は足の臭いのことで気にして正解だったと感じます。

なぜなら、今は足の臭いをあまり真剣に考えていないためです。

臭いを気にするのは自分が酷い時だと思います。

体臭が酷いと周囲にも影響を与えるので心配になります。

こういった問題を気にすることで対策していくのが良いです。

 

足元もクールビズな職場は足の臭いがダイレクトに伝わる

私の職場は、客先に制品を納品するとき以外は自由な服装が許されています。

クールビズの季節になると、オフィスでは裸足でサンダルを履く人の姿も多く見かけるようになります。

私は、クールビズの季節が苦手です。

他の社員の足から、独特な臭いが伝わってくるからです。

足の件は明らかに体臭なのですが、さすがに友達同士のように指摘するわけにはいきません。

気になっている足の臭いは本人以外であれば気付いているのは明白で、給湯室では体臭の発生源についての話題が多いです。

私も同調しようかと思いましたが、我慢して足の臭いについて職場で口にすることはしていません。

明日は我が身という考え方があるように、いつか私の足からも臭いが発せられる可能性があるからです。

今の職場で働くようになってから、足の臭いというものは酸っぱいという表現が似合うと感じています。

足の臭いが強い社員は扇風機を使うことが多くて、風下には私の席があります。

常に酸っぱい臭いが漂ってくるので、すぐに足の臭いだと判別できるようになりました。

 

親しいだけに言えない友人の足の臭い

私には幼少期からの仲で、一時期学校が別になったりと、なかなか会っていなかったのものの、最近また頻繁に遊ぶようになった友人がいます。

何でも話しやすい人ですし、とても心優しい友人です。

しかしその友人と遊ぶとどうしても気になってしまう、ちょっとした悩み事があります。

それは、特に食事などに行ってお座敷の席に座った際に気になることなのですが、正直友人の足の匂いが、お世辞でも良い匂いとは言えないくらいキツイ感じなのです。

友人は見た目は決して不潔ではありませんし、かなりのお洒落さんなだけに何故なのか不思議です。

先程「何でも話せる友人」と言いましたが、この足の匂いに関してだけは現在まだ何も伝えていません。

普段見ている感じでは恐らく本人は気付いていない様子ですが、もしも本人も既に自覚していて気にしているのならば何だか「足の匂いが…」なんて言ったら傷付けてしまいそうで怖いです。

親しき仲でもこういったデリケートな体臭の問題になりますと悩むものです。

私の中では「足の臭いは気になるけど、特に何も言わないでおこう」と、現時点では考えています。

なかなか難しいです。

そんな感じで、『凄く親しい友人で何でも話せる仲なのに、気になる体臭に関してはなかなか話せない』というお話でした。